「本物のプロフェッショナルドライバー」長谷見昌弘

Pocket

「本物のプロフェッショナルドライバー」長谷見昌弘

「本物のプロフェッショナルドライバー」こと長谷見昌弘氏をご存知でしょうか?長谷見昌弘氏は、「本物のプロフェッショナルドライバー」と言われるほど偉大な記録を打ち立ててきました。それはどんな偉業だったのでしょうか?今回は、そんな彼のエピソードを見ていきましょう。

出典:http://www.photo-ac.com/

「本物のプロフェッショナルドライバー」こと長谷見昌弘氏

「本物のプロフェッショナルドライバー」長谷見昌弘氏

「本物のプロフェッショナルドライバー」の異名を持つ長谷見昌弘氏は、どうしてこのような名前がついたのでしょうか。1964年四輪レーシングドライバーとなり日産・大森ワークスに所属しました。そして、デビュー戦でいきなりの勝利を手にしてトップドライバーの地位を築いていきました。 1

トップを走れなくなったから、僕はもうプロドライバーを引退する

「トップを走れなくなったから、僕はもうプロドライバーを引退する」
そう言い残して花束を受け取った男がいます。華やかな最前線で戦い続けてきた男の、引き際の言葉です。
その男とは、長谷見昌弘氏です。長谷見昌弘氏は、「夢を語り勇気を与えるのがプロの欠かされる要件とするならば潔く去る」と言います。常にエースとして日本のモータースポーツ界に君臨してきた長谷見昌弘氏の言葉は非常に重く感じます。 2

長谷見昌弘氏の今

長谷見昌弘氏は、現在、有限会社ハセミモータースポーツ代表です。日産車のアフターパーツの開発及び販売をしています。また、NDDP RACINGというチームを作り、チーム監督を長谷見昌弘氏が務めています。2017年のSUPER GTというレースで参戦して話題になりました。 3  4  5

まとめ

この時代(スーパーシルエットレース)のレーサーはエピソードがとにかくたくさんあり、それぞれに物語があります。長谷見昌弘氏は、自身のレーシングチームを立ち上げてドライバーを引退し監督として記録を打ち立てています。また、長谷見昌弘氏は以下のような名言を残しています。

「まずはNISMOと同等に戦い、しっかり結果を」 6

レースに対してストイックな方なんだと思います。レーサーとしてもっと脚光を浴びてもおかしくない人物だと思います。どんなマシンも操れて最速を出せるというところまでは、他のレーサーもできると思いますが、そのマシンをいかに壊さないように乗りこなせたのが長谷見昌弘氏でした。これは、あの星野氏もできなかったことです。