シルビア S15型のよくあるトラブル

Pocket

シルビア S15型のよくあるトラブル

シルビア S15型を購入してから調子良く乗れていても、ある日突然、あなたのシルビアの、調子が悪くなるかもしれません。そんな時のために、シルビア S15型でよくあるトラブルをまとめましたので、お役に立てば幸いです。

出典:http://www.photo-ac.com/

シルビア S15型のよくあるトラブルを集めてみました。

真っ直ぐ走らないトラブル

可能性として考えられることは、ステアリングラック(※1)のブッシュがへたっていることやリアメンバー(※2)にクラックが入ってることなどが考えられます。例外に、リアタイヤが左右でサイズが違うと真っ直ぐ走らない事があるようです。 1

※1. ステアリング機構の型式で、ラック&ピニオン方式の場合のラックのこと。 2
※2. リアサスペンションが取り付けられている土台の様な物です。 3

ギヤが入らないトラブル

可能性として考えられることは、ミッション内部の5速&6速のギアorシンクロが破損し、ミッションブロー(※1)してしまっていることが考えられます。スポーツカー専門店で見てもらうことをお勧めいたします。 4

※1. 自動車の変速機が壊れることである。 5

燃料ポンプリレートラブル

ヒューズとポンプが問題なければ、考えられるのはリレー(※1)か配線の二択を疑いましょう。ただ、配線系のトラブルは、起こりにくいのでほとんどがリレートラブルだと思っても良いようです。 6

※1. 中継機のこと。 7

フロントブレーキキャリパートラブル

フロント左キャリパー(※1)が固着した時、オーバーホール(※2)を考得る前に、サビが回り込んでしまい、ピストンが抜けないことがあります。この時、考えられるのは、オーバーホールよりキャリパーの交換をすることで解消されることが多いです。 8

※1. ディスクブレーキを構成する部品の一つである。ブレーキパッドをブレーキローターに押さえつける役割を果たし、摩擦による制動を可能とする。 9
※2. 機械製品を部品単位まで分解して清掃・再組み立てを行い、新品時の性能状態に戻す作業のことである。 10

まとめ

シルビア S15型のよくあるトラブルを集めてみました。スポーツカーは、特にデリケートなパーツが多いので日頃からこまめに整備する方がいいです。とはいえ、毎回バラしたりなどできるはずもありませんので、シルビア S15型の弱点を知っていれば、そこを気にしているだけでもマシントラブルはぐっと減ると思われます。
「定期メンテするのは、ちょっと…」という方には、スポーツカー専門店でメンテしてもらうことをお薦めいたします。やはりプロに見てもらう方が安心してシルビアに乗れるからです。もし自分でメンテをして見落としがあったら怖くないですか?
もし、頼れるスポーツカー専門店がないのであれば、GTNETをお勧めいたします。スポーツカー専門店というだけあってスポーツカーに対する知識の豊富なスタッフが親切に対応してくれるので、安心して任せることが出来ます。
せっかく購入したシルビアを長く乗るためにいかがでしょうか?